ある社長の金言

仏壇の長谷川という会社の長谷川社長がカンブリア宮殿に出演された時の言葉でこんなものがあります。

「世の中の役に立っていれば、人はお金を払ってくれる」

…。
おっしゃる通りですよね。

人から金を奪い取る昨今の詐欺師に聞かせてやりたい言葉です。

お金を稼ぐ秘訣…
それは商売の根源でもあって、
人の役に立つことがやっぱり一番大切ですよね。

よくビジネスモデルとか費用対効果とか経済を語る人がいますが、やっぱり最も重要なのは人の役に立つということなんですよね!これが無かったらほとんど詐欺と言っても良い訳です。

飲食店にしても、過剰な広告でお客さんを呼んでおいて、実際に食べてみたらあまり美味しくない…これはやっぱり詐欺だと思います。

それよりも本当に美味しいと思ってもらえるものを作って食べてもらえば、そのお客さんはきっとまた来てくれるでしょう。これこそが商売の神髄であって、お金を儲ける秘訣なんだと思います。

そういう商売をするにはやはり多くの時間が必要になります。
いきなり火が点くということも稀にはありますが、真面目に商売をやっていたらいきなり火が点きバカ売れするなんてことは無いと思います。

つまり、何が必要かと言えば「信念」なんですよね。
自分が念じたことを信じることが必要になってくるんです。

これが無かったら商売など成功しないと言ってもいいかもしれませんね。

一時の短い商売なら少しのアイデアとお金で出来るかもしれませんが、それはきっと長くは続かないでしょう。そして、長く続かない商売は人の入れ替わりも激しく、人という財産が残せません。結局は弱者のままなんです。

時間をかけコツコツと信念を持ってやっていくことが重要だと長谷川さんは言っているのだと思います。

「世の中の役に立っていれば、人はお金を払ってくれる」

この言葉は重いですね。